外構費用をおさえながら、素敵な外構をつくる 必要な2つの要素

更新
外構工事には、想像しているよりも
遥かにお金がかかります。
例えば、ものすごく立派な庭だなと
感じるお家があったとしたら、
おそらくその庭には、
ざっと300万円〜400万円は
工事費用がかかっていることでしょう。
  
もちろん、弊社では、
外構工事を含めた資金計画で
家づくりの提案をさせていただいているのですが、
その他にも外構費用をおさえながら
素敵な外構をつくるご提案もさせていただいています。
その方法ですが、2つの秘訣によって実現可能となります。
 
 
秘訣1:無駄な窓をつくらない
 
例えば、大きな窓をたくさんつくっている家は、
・外から家の中が丸見えになる・・
・窓を見れば間取りが分かってしまう・・
・防犯性が悪い・・
・外観があまり美しくない・・ため、
それらを外構計画によって、
カバーしなければいけない場合が出てきます。
 
敷地に入ってこられないように、
隣との境界につくる塀。
家の中を外の視線から守るための、
またウッドデッキを使いやすくするための
目隠しや植栽。
家を惹き立てるためにつくる、
門やアプローチ。
 
暮らし方によっては、そのような外構も計画する必要もありますが、
そもそも、外観上無駄な窓がなければ、
外構に予算を掛けなくとも良い場合があるんですね。
 
 
 
このような家を建てた場合、
・外から家の中が全く見えない
・間取りが分からない
・防犯性が高い
・家の外観が美しい
ことから、先程のような
外構工事をする必要が一切なくなります。
 
家の外壁が塀代わりになるため、
そもそも塀が必要じゃなくなるし、
視線を防ぐための目隠しや植栽も
一切必要ないからです。
また、家を惹き立てるための、
門やアプローチなども
一切必要がないからです。
 
 
秘訣2:土地の余白をフル活用する
 
そして、もう1つの秘訣が、
土地の余白をフル活用することです。
 
そのためには、まずは無駄に広い土地を
買わないようにしなければいけません。
 
例えば、あなたが4人家族で、
ゆったりと暮らせる平屋を建てたいとお考えであれば、
その敷地は50坪〜60坪もあれば充分です。
 
ですが、多くの方が、
80坪〜100坪ぐらいの広さがないと、
平屋が建てられないと思い込んでしまっており、
無駄に広い土地を買おうとしてしまいます。
 
ですから、まずは、
自分が建てたいと思っている家に
必要な土地の広さを知った上で、
土地探しをするようにしなければいけません。
 
そして、次に、
無駄な余白が残らないように
建物と庭スペースを配置するようにします。
 
例えば、下の写真のように、
建物が中庭を囲う形でシンボルツリーを
設けることができます。
 
 
このような計画の場合、
中庭から光を採り入れながら、
一本だけ植えた植栽が日々の暮らしに
安らぎと四季の移ろいを感じさせてくれるはずです。
 
尚且つ、建物が外部に開いている形ではないため、植栽費用も15万円以内でおさえることができます。
 
 この2つの秘訣に従って
家を建てるようにすれば、
外構工事の予算を大幅に圧縮することが出来ます。
また、それだけじゃなく、
土地購入予算も大幅に圧縮することも出来ます。
さらに、家のコストも大幅に圧縮することが出来ます。
 
つまり、家づくりの総コストを
大幅に圧縮しながら、素敵な暮らし方ができるというわけですね。
 
どこにコストを掛けていくのかは、
暮らし方によって変わってきます。
ましてや子供の教育資金、
やがて迎える老後資金を踏まえることも大事ですよね。
どのような暮らし方をしたいのかイメージして
設計士に相談して下さいね!